久々のメイクのお話し。(^_^;;

最近メイクをするときに一番多く聞くのが目の下のクマのお悩み!
本当に多いですよねぇ。
でも、悩んでいるという方のほとんどはこちらから見てもどこを気にされていらっしゃるのかほとんど判らないぐらいの方もかなり多いのです。

それよりも何よりも・・・

隠したいからといって、コンシーラーをがっつりと目の下にベタベタと塗りたくって、時間がたつとゴワゴワになってしまっている方が本当に多い!

今これを読みながらドキっとしたあなた! そう、あなたかもしれませんよ~。

気になるところって隠したいですもんねぇ。
なのでどんどん重ね塗りしたくなる気持ちはよ~~~っく判ります。
でも目の下はまず動くところ。 ヨレてこない訳がありません。
ついでに皮脂腺のない部分なのでやっぱり乾燥します。
そんなところにコンシーラーを厚く重ねれば重ねるほどゴワゴワヨレヨレに。。。

ポイントその1
コンシーラーはとにかく薄く薄く重ねる!
できればコンシーラーブラシでとったものを、手の甲をパレットにしてケバケバの状態になるぐらいブラシには本当に少しだけついた状態にしてから塗っていく事。
た~っぷりとってそのままのせるのはヨレのもとです。

ポイントその2
隠したい色の部分にだけ、そこからはみださないように塗る!
気になるからといって目の下ぜーんぶを塗ってしまっては、色が濃いところと明るいところの差はずっと変わりません。

ポイントその3
紫っぽいクマにはオレンジ寄りの色のコンシーラーやコントロールカラーを!
涙袋の影には白っぽい明るい色を使用!
紫グマにくすみを消すようなブルーやグリーン、パープル等のコントロールカラーを使ったらもっともっと目立ってしまいます。
逆に物理的な影になっている涙袋の下に周りの肌より濃いオレンジ系のクマ消しコンシーラーをやってもやっぱり影は赤るくなりません。
何を消したいのかによって色も使い分けが必要です。

他にも目元はやはり動く部分なので、シミを隠すのをお得意とする固めのコンシーラーは不向きです。
ゴワゴワのもとですからね。

頬の部分をしっかりカバーしてチークを入れたり、目元のポイントメイクをちょっとしっかりめにすることでそちらに視線がいくようにするのも効果的ですよ♪

最後までお読み頂きありがとうございました。 感謝♪

パーソナルカラリスト メイクセラピスト Naomi