バストの悩み

【お悩み相談】バストにハリや弾力がなくてブラジャーが合わない?30代からのバストケア

バストにハリや弾力がなくてブラジャーが合わない?30代からのバストケアをご紹介!

今回は30代のC様より、こんなお悩み相談をいただきました。

10代の頃は胸のサイズが大きいために可愛らしいブラジャーがあってもサイズが 合わずあきらめてベージュや白といった単色一式しか着られなかったことがとてもさびしかったです。今は逆に胸が小さくなってしまいまい、また、年齢的なこともあり、ブラのサイズ感が合わず、カップの脇の下あたりがとてもカパカパしてしまいます。昔みたいな張りや弾力性がないこともありますが、どのブラでもすき間が出来てしまうのが今は悩みです。ブラ紐もキツくしすぎると肌が痛みます。(30代女性 C様)

こちらの原因は何か、ご本人に考察を聞いてみました。

10代のときはとても体が太っていたせいもありますね。その太っていたときは洋服もはち切れんばかりのシャツを着ていたし、脇が入らなくて破けたくらいです。その体型が嫌でどの服着てもおばさんに見えてました。ブラもおばさんなので、悲 しかったです。20代頃にダイエットを試みて大分痩せてからは普通にブラのサイズもあってましたが、30代に入ってくると筋トレも怠りはじめたので年齢も年齢なので重力でどうしようもなくなりました。(30代女性 C様)

今回のご相談者様は、10代の頃に太り気味だったとき、可愛いブラができずに悩んでいましたが20代でダイエットに成功。ですが、30代になり筋トレをしなくなったことも重なり、胸のハリや膨らみがなくなり、ブラジャーのカップに胸がフィットしなくなった・・・というお悩みですね。

ちなみに、C様は20代のとき、毎日、腹筋背筋、肩甲骨の筋トレで姿勢を正してダイエットに成功されたそうです。また、女性ホルモンをたくさん出してくれるハーブティーのローズヒップがいいということをご自身で調べて、ハイビスカスとローズヒップティーを飲んで肌の回復に励んだり、プエラリアのサプリメントも今後挑戦したいとのこと。とても努力家ですね!

お悩み解決に向けて、C様が知りたいポイントがこちらです。

・スタイル維持の方法、エステやジムに通う他に、家で何をしているのか?アラサー以降の女性に効く方法を教えて。

・整形をしないで、スポーツやお茶など、バストケアに効くものを知りたい。

・胸は30歳を過ぎたときから元に戻らなくなるの?元に戻せるならその方法を教えて。

バストの形を整えたい!でもブラジャーのしめつけが嫌;そんな人におすすめのナイトブラ。


努力家のC様ですが、一つとても気になることがあります。それは、夜にブラジャーをつけていないこと。ナイトブラをつけることに対して、あまり良いイメージを持たれていません。

夜中に着けるブラジャー(ナイトブラ)は日中の疲れを癒してくれず、逆に肩が凝りそうなイメージがあります。深夜に普通のブラをつけて寝たことがありますが、 次の朝に来る疲労感がすごかったです。また、ナイトブラは買うのに値段がとても高いので、1つ買うのが限界です。(30代 C様)

寝ている時にブラジャーをつけないとどうなるか、またどうしていけば良いか、今までの記事でお伝えしてきたことをまとめました。

・バストはとってもデリケートで、ちょっとしたバストの揺れ動きもバストにとっては大きな負担がかかっているといわれています。

・ブラジャーをしていないバストは360度あらゆる方向へ揺れ動いてしまい、横になったり、うつ伏せになったり、抱き枕でバストを圧迫して長時間過ごすので、バストが垂れてしまう可能性が高いです。

・締め付けの弱いものや睡眠用のナイトブラなどを使うことが望ましいです!

今回のお悩み、バストの形に大きく影響する一つが、寝ている時のバストケアです。

夜寝るときに普通のブラジャーをつけると、肩がこったり、翌日に不快感が残ったりすることは多いですが、一度ナイトブラを試したら、普通のブラとの違いがよくわかると思います。



金額的に普通のブラより高いものもありますが、こちらのViageナイトブラは、ナイトブラの中でも買いやすい金額となっています。

ブラジャー特有のしめつけが気になる、夜にブラジャーをつける習慣が無い人に、ぜひ見ていただきたい動画がこちら!↓

 

【viageビューティアップナイトブラ】  と、【ふんわりルームブラ】 のつけ心地について、わかりやすくレビューされています。

・もともと夜にナイトブラをつける習慣がなかったので、普通のブラジャーと比べて、しめ付け感の違いに驚き。とても楽に感じる!

・しめ付け感がないからストレスフリー。

・もっと早くつけておけばよかった。10代後半からつけた方がいい。

・一ヶ月試しただけで、バストの形の変化がわかった。

デザインの可愛さで選ぶなら【ふんわりルームブラ】。
しめつけによるストレスを無くしたい場合は【viageビューティアップナイトブラ】 をおすすめしています。

また、つけ心地については、こちらの記事【Viageナイトブラの「苦しい」という噂は本当?徹底検証してみた】 も一緒にみてください。

まずはぜひ、夜にナイトブラをつける習慣をつけてみてくださいね。

Viageナイトブラの「苦しい」という噂は本当?徹底検証してみたViageナイトブラの「苦しい」という噂は本当?徹底検証してみた viageビューティアップナイトブラは、大人気のナイトブラですよね!...

ブラジャーの蒸れが気になる方はこちらもおすすめ。【ブラが蒸れる!ブラが蒸れる原因と解決するための方法解説】

ブラが蒸れる!ブラが蒸れる原因と解決するための方法解説ブラが蒸れる!ブラが蒸れる原因と解決するための方法解説 ブラが暑くて蒸れてしまう…。一体なぜ蒸れるの?と悩んでいませんか? ブラ...

アラサー以降の女性におすすめ。女性らしさをサポートするプエラリアって?

相談者様が今後試したいとおっしゃっているプエラリアについても見てみましょう。

プエラリアは、主に女性らしさを引き出してくれるという成分の特徴があります。

プエラリアとは、学術名をプエラリア・ミリフィカといいます。
タイ北部やミャンマーの山岳地帯に自生する、マメ科クズ属の植物で、古来から食用とされてきました。女性らしさを引き出してくれるミロエステロールなどの植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれています。

プエラリア・ミリフィカが注目を浴びたのは、ミャンマーのかつての首都・ブーカムにある仏塔の下から見つかったビルマ語の古文書を(Anusarnsoondhorn S. 1931)が翻訳・編纂したことにはじまる。この中には、高齢の女性がプエラリア・ミリフィカを食し、美しさと健康をいつまでも保っていたという趣旨の内容が記載されていた。茎は衣服、紙、縄、日用雑貨(籠・小物類)にも使用されていた。
(引用;wikipedia プエラリア)

古代から女性の健康と美しさをサポートしてきた自然の植物なんですね!

今回、このプエラリアを使用した、バストアップクリームプエラリア配合のバストクリームがほしい方にか【ブラヴィ バストクリーム】 をご紹介します!

こんな方にオススメです。

・バストの集中ケアがしたい
・ふっくら感が欲しい
・プエラリアたっぷり配合のバストクリームがほしい
・ボリュームがなくなってきた
・毎日のバストマッサージを習慣にしたい


高品質のプエラリアを配合したバストクリーム。スペシャルケアにおすすめ

プエラリアはサプリで飲むイメージが強いかもしれませんが、バストクリームとしても商品が開発されています。もちろんサプリで取ることも良いですが、中にはプエラリアの作用が強く出てしまう人もいますので、サプリを選ぶ時は、飲む量や商品の成分量に注意して選んでください。かかりつけのお医者さんがあれば、一度サプリを飲む前に相談してみるのが良いですね。

バストに若さとハリを取り戻しましょう!

今までの記事で、加齢や授乳に伴う皮膚の伸び萎みや、乳腺組織、クーパー靭帯についてなど、バストにハリや膨らみを取り戻す方法についてたくさん取り上げてきました。

垂れ乳、離れ乳の人は、寝ている間に、バストが流れてしまっているというのも大きな原因です。バストに付いた脂肪は非常に流れやすいという特徴を持っていて、サポートしなければ、バスト中心から外側へと流れて離れ乳となります。

ジムで行う運動のように、大胸筋や上半身を鍛えることも大事ですが、合わせて以下のポイントも同時に行ってあげてくださいね!

・夜にナイトブラをつけましょう。

・無理なマッサージは避けておくことが大切

・規則正しい生活習慣を意識しましょう。

・栄養バランスの取れた食事を取りましょう。

胸が垂れる年齢って何歳から?加齢によって垂れるのか胸が垂れる年齢って何歳から?加齢によって垂れるのか 胸が垂れてきたような気がする…と悩んでいませんか? そもそも胸が垂れる年齢っ...
胸が離れる原因って何?胸が離れることで悩む方へ。胸が離れる原因って何?胸が離れることで悩む方へ。 女性がバストに抱える悩みとして上位にランクインするのが「離れ乳」だと言われています。...
クーパー靭帯とは?復活法はある?切れたか確認する方法も解説クーパー靭帯とは?復活法はある?切れたか確認する方法も解説 年齢を重ねても綺麗で上向きのバストを維持したい…と悩んでいませんか? ...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

加齢に伴い、ブラジャーが合わなくなったり、垂れたような気がすると悩んでいませんか?

30歳をすぎると胸の形やサイズを維持するのが大変ですが、胸もアンチエンジングを意識することが大切なんですね。

ダイエットと同じで、垂れてしまったり、萎んでしまうことを、努力である程度防ぐことができるんです。

まずは、夜にナイトブラを着けたり、生活習慣を見直すなど、出来る事から始めてみてくださいね。