バストの悩み

【おすすめ対策・対処法】胸にブツブツ!これって汗が原因のニキビ?②

【おすすめ対策・対処法】胸にブツブツ!これって汗が原因のニキビ?②〜20代から50代女性に聞きました

夏の暑い今の時期、汗をかいて、胸にニキビみたいなブツブツができたり、吹き出物のような湿疹が出やすいとお悩みではありませんか?

そんなお悩みを抱える20代から50代の20人の女性たちに、この度アンケートにお答えいただきました。

シリーズ1回目の前回記事、【体験談集】胸にブツブツ!これって汗が原因のニキビ?①皮膚科に行くべき?では、女性の皆様からいただいた体験談をご紹介しました。

シリーズ2回目の今回は、具体的な対策や対処法をご紹介します。

それでは見ていきましょう。

【体験談集】胸にブツブツ!これって汗が原因のニキビ?①皮膚科に行くべき?【体験談集】胸にブツブツ!これって汗が原因のニキビ?〜20代から50代女性に聞きました 夏の暑い今の時期、汗をかいて、胸にニキビみたい...

胸元の赤いボツボツは胸ニキビ?できた時の対処法や対策って?

〜20代女性の対策・対処法〜

いろいろ塗り薬は試したのですが、汗で流れてしまったり、赤みが増してしまったり私には合わなかったと思います。そこで気をつけていたのはニキビや湿疹がある胸元を、清潔に保つことです。まず、お風呂では石鹸で優しくしっかり洗い、お風呂上がりはすぐに服を着てしまうねではなく通気を良くしておくことを心がけていました。日中も汗をかいたらこまめに拭いたりするなど、清潔にすることを心がけていました。汗をかいて帰ったらすぐにお風呂にはいり、そのままにする時間をなくすと治りが早くなりました。(20代 M・C様)

汗をかいたらそのままにせず、きちんとハンカチで拭き取る。入浴時には入念に胸 元を洗うようにし、石鹸が残らないように丁寧に洗い流す。など色々な方法を試し、その結果改善しました。今ではほとんど症状が見られませんが、上記の対策に加えて、その時飲み始めたマルチビタミン剤は今も毎日飲み続けています。その効果なのか、最近は胸元ニキビに大きく悩まされることはなくなりました。スキンケアに加えて、内側からの栄養補給も大切だと思います。(20代 D・S様)

妊娠中は使えるクリームや薬も限られているので、無印良品のスウィートアーモンドオイルやホホバオイルなどで保湿しましたが一向に良くなりませんでした。産後は私は母乳で育てたので赤ちゃんが口にするものなので余計に気になり何も塗らなくなりました。ところがニキビや湿疹は徐々に良くなっていきました。母乳の出が良かったので、母乳パッドを使用するようになり、コットンの肌に優しいものをこまめに変えていたのでそれが良かったのかもしれません。(20代 A・A様)

ひどい症状ではなかったので、薬は使用せずに食生活の改善で治しました。野菜をたくさん食べることと、脂っこいものを控えていたら良くなりました。また、夜遅くに食事を摂らないようにして、1日のうち夜から朝までの間に最低12時間何も食べない半日断食を続けてます。ケーキなどの甘い砂糖菓子の代わりに果物を食べるようにもしました。化粧品を使うと余計に悪化したので、できるだけ肌には何も塗らないようにしました。洋服は綿製のものを着るようにしました。(20代 A・B様)

現在は髪の毛を念入りに洗ったり、なるべく家にいる時は胸に髪の毛が当たらないように結んで生活をしています。スキンケアは特に成分を重視しています。特定の化粧品は使っていませんが、成分を見てビタミンC誘導体配合やヒアルロン酸などを気にしながら使用感がいいものがあれば続けて使用しています。化粧水は使用して2年くらい経ちますが当時よりは赤みやニキビは落ち着いてきて、痒みは全くなくなったので効果を実感しています。(20代 K・M様)

〜30代女性の対策・対処法〜

基本的には汗をかかなくなるとおさまるので、時間が経ち涼しくなるのを待っているようなような感じです。汗をかいた日は帰ったらすぐシャワーを浴びて汗を流すように心がけています。シャワーに入れないときは濡れタオル汗を拭きます。お風呂上りに汗がひいたら、ベビーパウダーをはたいています。出掛ける前もベビーパウダーをはたきます。それでもおさまらない場合は病院で薬を処方してもらいます。 (30代 H・O様)

頻繁にボツボツ湿疹が出ていた時は、ジョンソンアンドジョンソンの粉のパウダーをよく使っていました。その時は気づいたら自然に治っていたので、効果はあったのだと思います。食事方法は、特に改善しませんでした。今は油断していたらまたボツボツ湿疹になってしまったので、なるべく汗が出たらそのまま溜め込まないように、こまめに汗ふきシートでふいたり、通気性の良い服を着るように心がけているところです。油っこい食べ物も控えようと思っています。(30代 H・L様)

私は胸の湿疹は時期によってできたりできなかったりで今も少し湿疹があります。気になって皮膚科を3軒先生にみてもらいましたが、少しずつ出される薬は違うものの、治す方針は同じでした。まず、汗をかいたらなるべく拭ける時に汗拭きシートでふきます。また、夜にお風呂でしっかりと洗い清潔にした上で抗生物質の入ったローションを塗ります。これでアクネ菌を除去。その後ににきびの大元を治療するためにベピオゲルをうすく塗ります。朝洗い流して、毎日続けることでにきび自体ができなくなります。(30代 M・M様)

まずはストレスの発生元をどうにかします。そして、デトックス風呂に入ります。さらに、少しずつ食べる量を減らしていきます。といっても、なかなかストレスの発生元をおさえることは難しいので、とにかく塩風呂でデトックスをします。食べる量は少しずつ減らしていって、食べるにしても、身体に良さそうなオーガニック食品に置き換えられそうなものは 置き換えます。そして青汁を飲みます。あとは、エッセンシャルオイルを使って肌のケアをします。(30代 M・P様)

〜40代女性の対策・対処法〜

皮膚科でもらった薬をお風呂上がりや皮膚を綺麗にした直後に一日3回ほど塗り続け、湿疹には極力触らずに過ごしました。最初は痒くて我慢しにくかったのですが、だんだん痒みも減ってきて、湿疹も減っていきました。ステロイド系の薬だったように思うので長く使いたくはなかったのですが、完治するまで使い続けました。だいぶマシになってからは、出来るだけ患部を清潔に保てるように着替えや入浴をして、冬場はクリームや乳液などで保湿していました。(40代 J・K様)

思春期のころは汗拭きシートでこまめに清潔を保つようにしていました。お風呂あがりには医者で処方してもらったニキビの薬もつけていましたが改善されませんでした。最近になって、ニキビではなくカビではないかとう記事を読み、細菌の繁殖をおさえるために、友人からすすめられたフランスのエオレセンスというティーツリー化粧水で朝晩拭き取るようにしています。高価なので夏の間だけにしていますが、効果テキメンです。今のところデコルテがでても恥ずかしくないほどツルツルしてます。(40代 R・C様)

〜50代女性の対策・対処法〜

胸の湿疹ができてからは、最初はオロナインでなおそうとしましたが、それでも湿疹が治まらなかったので、フルコートFを使ってようやく湿疹を治すことができました。食事にも脂っこい食事はなるべくとらないようにして、汗をかいたらすぐにシャワーを浴びて、体を清潔にすることを心がけました。できるだけ胸は触らないようにして、ちょっとできかけているなあと思ったら、すぐに薬を塗って対処するようにすることでなくなりました。
(50代 J・N様)

※掲載している体験談は2020年8月に実施したアンケートによる個人の感想です。

まとめと次回予告

いかがでしたでしょうか。

症状が出てしまってひどい時は、皮膚科などのお医者さんに行き、必ず相談してください。市販の薬で治る場合もありますが、まずはボツボツが出ないように、日頃の肌ケアや食事が大事ですね。

季節的に夏が出やすい時期ですが、冬場も出るものなので、一年を通して気をつけていきたいですね。

シリーズ2回目の今回は、具体的な【対策・対処方法】について実体験を通してお伝えしましたが、その中で少し触れていました、肌ケアに関する食べ物って、具体的に何が良いの?と気になりますよね。

そこで、次回は美肌ケアに関する食べ物について、紹介していきたいと思います。

ぜひチェックしてみてくださいね。

ブラが蒸れる!ブラが蒸れる原因と解決するための方法解説ブラが蒸れる!ブラが蒸れる原因と解決するための方法解説 ブラが暑くて蒸れてしまう…。一体なぜ蒸れるの?と悩んでいませんか? ブラ...
ふんわりルームブラの効果とは?本当のところを解説!ふんわりルームブラの効果とは?本当のところを解説! 近年のナイトブラブームから数多くのナイトブラが登場しています。 どのナイトブ...