ブラジャー全般の知識

ワイヤーブラが痛い!考えられる原因4つとその対処法を解説。

ワイヤーブラがなんだか痛い!と思っている人はいませんか?

ワイヤーブラは日中着けるブラで、人によっては寝ているときにつけている人もいるのではないでしょうか?

でもこのワイヤーブラが痛かったらひどい場合は一日中不快になってしまいます。

私も一度そういったことがあって、跡がついてしまったり、赤くなってしまったことも。

仕事なんかでも差し障りが出てきますし、なんとかしたいという人もいると思います!

そこで、ワイヤーブラが痛い人にその理由と解決策をご紹介します!

そもそも、ワイヤーが痛い原因は?

ワイヤーブラで痛いと感じている人は、「そもそも痛い原因は?」と悩んでいませんか?

痛いとストレスになってしまうし、「なんで痛いの?」「ブラジャーが悪いの?」「メーカーが悪いの?」って混乱してしまうと思います。

当サイトで研究をしていますが、ワイヤーブラが痛い原因には実はこれだけの原因があります!

①サイズがあっていない

②ワイヤーが硬すぎる

③ワイヤーの形が骨格に合っていない

④体調が悪かったり、浮腫みがある

ワイヤーブラが痛い原因ですが、実はこれだけの原因があります。

サイズがあっていて、小さい場合には痛くなりやすいですし、反対にワイヤーが実は硬すぎるっていう場合もあるんですね!

あとは実はブラによってワイヤーの形状が違うと言われています。

こちらの形状が合っていないと痛くなってしまうんです!

その他にも、浮腫があったり、体調が悪い場合には痛くなってしまうことも。

結局どうやって判断したらいいの?

でも、これだけワイヤーブラが痛い原因があれば、では、「どうやって判断すればいいの?」ってわからないですよね。

でも、私の体験談から、判断する方法が分かります。

大体なんですが、サイズが合っていない場合はつけてから、数時間で痛いことが多いですし、違和感を感じます!

また、ワイヤーの形が骨格にあっていない場合も、数時間で痛くなってきます。

また、体調によって痛くなる場合は毎回は起きないので、基本的にはサイズや、ワイヤーの形が合っていなことを疑ってみましょう!

ワイヤーブラで痛くなった経験はある?放置しておくと?

バストを持ち上げてくれたり、バストラインをきれいに見せることができるワイヤー入りのブラジャーですが、着けているとくい込んだりして痛く感じるという声も結構あります。

実は女性の方で97%の女性が「ワイヤーブラが痛い」と感じた経験があるそうなんです!

ワイヤーブラは痛くなるもの!?対処方法は?

実は、ブラは、ワイヤー入りが主流なのに、多くの方が「痛い」と感じているんです。

なので、私も実は痛く感じていますので、ワイヤーブラをほとんどつけていないんです。

痛みからの解放は「ノンワイヤー」&「ナイトブラ」!

ワイヤーブラが痛いと言っている人の痛いという場所なんですが、実は痩せ型の人も、グラマーの人もあんまり変わりはありません!

脇の部分、胸下、中央など、ワイヤーの形にそい、全体的に痛いようです。

ほうっておくとどうなるのか?具体的にはこんな口コミがありました。

・あざになってしまった

・ワイヤーが当たる部分が暑くなるとあせもになる

このような口コミがあります。

実は肌への影響が出てしまうので、痛いだけではなく、いろんな影響が出てくるのです。

痛みからの解放手段は、最近では、ノンワイヤーのものでも素敵なものがたくさんあるので、ノンワイヤーのものに変えること。

若い頃は見た目命だった人も、ワイヤーなしのものに変えているそうです。

ナイトブラは見た目も可愛くてインスタでも話題

ただノンワイヤーのブラだと「谷間を作ることが出来ない」だとか「バストのサポート力に限界がある」と感じていませんか?

やっぱり胸を支えるワイヤーブラと比較すると、ノンワイヤーだととても頼りないですし、仕事中や、デートなんかでノンワイヤーのものを使っているとだらしがないだとか、胸がしっかりと寄せ上げできないと悩んでいる人もいると思います。

そういった方に最近人気となっているのが、ナイトブラです!たとえば、てんちむプロデュース 理想を実現ナイトブラなんかは、てんちむさんのプロデュースのナイトブラで、ワイヤーを使っていません。

バストアップブラ【Viageビューティアップナイトブラ】なんかも、年齢によるバストの垂れなどをサポートしてくれる働きがあるのと、販売価格1個2,980円(税別)で、楽天9部門でランクインするほどのナイトブラです♡

私も日中使うブラもナイトブラに変えただけで、快適に過ごすことが出来るようになりました。

痛みを軽減させる対策はひとそれぞれだけど難しい!

ワイヤーブラが痛いという方の中には、その他にも、色んな人がいました。

・ワイヤーを手で外側に曲げて当たらないようにした

・ワイヤー部分にハンカチを挟む

・ガーゼを挟む

・ホックを外して休憩したり位置をずらす

こんな方法がありました。

ただ、最終的にワイヤーブラからの開放手段としては、最終的にノンワイヤーブラや、最近では、ナイトブラに変えた人が圧倒的に多い結果になっています。

ノンワイヤーに変えても安定感がないので、最終的にナイトブラに変えたという方も。

ノンワイヤー派の場合、やはり「バストラインが気になる」というデメリットがあるので、サポートするなら、サポート力が高い日中使えるナイトブラを使っている人も多いんですね。

ナイトブラのおすすめランキング!絶対持っておきたい10選。眠っている時に胸をサポートしてくれるナイトブラですが、とても人気のものが最近はどんどん登場していることはご存知でしょうか? 各社か...

決個浴は、ワイヤーブラを新調して変えてみたほうが早いかもです。

まとめ、進化するブラジャーとどうなるワイヤーブラ!

一度は着けたものの、痛みを感じてワイヤーブラがきつい!って人は多くて、最近ではブラもお悩みに合わせて進化してきているようですね。

ノンワイヤーブラという選択肢もありましたが、バストラインを考えるとナイトブラなんかもきれいに見えるので、おすすめです。

私の場合は、ノンワイヤーを試してから、最終的にナイトブラに落ち着きました。

ノンワイヤーも楽で良いけど、新しい進化したナイトブラを試してみてください!

ワイヤーがなくて痛くない!日中使えるナイトブラをチェックする